住宅ローン審査基準は何?

将来、家を買うために住宅ローンを考えている方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
全体の約10%が手数料としてかかるようです。
金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、借入れした金額に計算していなかった諸費用を合わせてみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれらを総合的に計算してみる必要があります。
実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったり意外なところで費用がかかる場合もあります。
自分の家を購入する事はあこがれでもあります。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!と言った宣伝も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
銀行・ネットバンク・労金・信用金庫など住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗に行かなくて良い。
という点が非常に好評です。
また店舗がない分、経費削減ができ金利が低いのも特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。