病気や怪我で住宅ローンに落ちたって本当?安定した返済とは?【審査基準】

自分の家が欲しいと考えたとき銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?混乱してしまう事もあるかと思います。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋から紹介されたところやネットバンクなどでも申し込みは可能です。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。

という物でもありませんので、注意が必要です。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事は一般の方には難しいのが現実です。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

長年の夢だったマイホームを購入してまもなく、ガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

通常は、ローンを組めば自動的に団体信用生命保険に申し込むので債務者がもしも亡くなった場合に自動で付帯されます。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、そうでないものもあるため、必ず確認が必要です。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

一見高く見えるかもしれませんが、それほど大きな差は無いので何かあった後では遅いので、今から準備しておきましょう。

まだ住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、これから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

不要になった住宅を売却しお金に変える場合、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残ったローンを最後まで支払わなければなりません。

これから先の大切な事ですのでしっかり決めて下さいね。

自宅購入を考えた時役立つものとして住宅ローンがあります。

申し込みをする場合は、銀行や信用金庫で受け付けていますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

だけども、申請者の年齢によってこの期間を選べない可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは難しいケースが多くあるようです。

仮に住宅ローンを返金している最中に、失業したら未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

私に非はなく会社側の理由で辞めることになったのか、その理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

参考:病気や怪我で住宅ローンに落ちた?審査基準研究!【安定した返済とは?】

けれども、特別収入が付与されない会社も多く場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、思いのほか少なく、40%程度だそうです。

どうしても何かあった場合に備えないという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

いつかはマイホームを建ててローンを考えている方は、まず完済までに何年の返済期間で申込むのか考えましょう。

原則として、決められた期間で申し込むのですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

決まった月に振り込まれる賞与などを返済に充てる場合には、初期費用や設定にお金がかからない所を選択しましょう。

今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

迷った時は評判や口コミをみてみると分りやすいですよ。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。

ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。

なぜなら、借り換えに数十万単位の金額がかかるからです。

無料で借り換えOKという所はほとんどありません。

借り換えを考えている時はそういった事も含め返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

いずれは住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

変動金利を選ぶか固定にするかによって金額が変わるので、今だけでなく今後の将来を考えて具体的に判断しましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

しかし、家は数千万単位する大きな買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

それなら、住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?簡単な方法としては銀行または信用金庫がおすすめです。

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、担当者に全て任せる。

という方法もあります。

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、実は変動金利か固定金利かで悩む方がとても多いのです。

というのは、固定の場合決まった金額を支払えばよいので試算しやすく、残りの返済額もすぐに計算できるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

それなのに、低い金利が続いている今の世の中では全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。

これから住宅ローンを組む予定のある方は、手続きのために必要な諸費用を細かく調べておくと良いでしょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

謳い文句にあるように低金利だからといって選んでしまうと、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、思ったよりも費用がかさんでしまったという場合もあります。

そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか全て計算してから考えてみるべきなのです。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。

申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

35年という長い期間、多額の現金を貸す訳なので銀行側は、年収と勤続年数に1番こだわり審査をします。

なので、申込をすれば確実に通る。

という風な単純なものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が最低ラインと言われています。

今後、両親と同居している予定のある方は、知らないと損をするかもしれない住宅ローンのご紹介です。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能である程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

その秘訣は、親子二人が同時にお金を返すのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。

一つ勉強になったと思って、是非検討してみて下さいね。